【鰻で旬を愉しむ】

【国産鰻の蒲焼】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

腕利きの職人がつくる「秘伝のタレ」と

炭火でじっくり焼き上げたふっくら鰻を

スッキリ日本酒「夏酒」と共に・・・

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

蒸し暑い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

気温と湿度で体の疲れが蓄積する季節です。

今回はすでにご好評いただいている「鰻の蒲焼」

うなぎ自体は、この時期旬ではないのに(実際は冬)、

やはりこの時期になると食べたくなる不思議なものですよね。

しかし、「土用の丑」にうなぎを食べるようになったエピソードは、今では非常に有名ですよね。

暑い夏になるとうなぎが売れないで困っているうなぎ屋さんが、

かの有名な平賀源内に相談したところ、

「本日は土用の丑、鰻食うべし」

と看板を出すようアドバイスしたことのが始まりというもの。

丑の日には「う」のつく食べ物を食べると夏を元気に乗り切れるという俗説をヒントにしたようですよ(*諸説あり)。

先述の通り、うなぎの旬は寒い冬の時期。脂がのって一番美味しくなります。だから、昔は夏に売れなかったんですよね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土用の丑の日とは

まず、「土用」は立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の「期間」を示す言葉です。

そして、昔の暦では日にちを十二支(子・丑・寅・卯…)で数えていました。

つまり”土用の丑の日”とは、土用の期間におとずれる丑の日の事を指しているのです。

土用は毎年違うので、土用の丑の日も毎年変わります。

さらに、土用の丑の日といえば夏のイメージが強いかもしれませんが、下記にある通り年に何回かやってきます。

立夏・立秋・立冬・立春それぞれに土用があるので、納得ですね。

いずれにしても、土用の丑の日は「季節の変わり目」といえます。

ちなみに、土用の丑の日と土曜日とは関係がありません。

 

【2019年の土用の丑の日】
1月28日、4月22日、5月4日、7月27日、10月31日

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土用の丑の日にウナギを食べる意味

石麻呂に吾れもの申す夏痩せに
よしといふものぞむなぎとり召せ

大伴家持

夏痩せにはむなぎ(ウナギ)を食べると良いと石麻呂という人に勧めている歌です。

昔から体調を崩しやすい夏にはウナギを食べて栄養をたっぷり摂ろうという考えがあったのですね。

いま土用の丑の日にウナギを食べるのも、

土用の丑の日は季節の変わり目にあたる為に体調を崩しやすいので、

合理的と言えます。

実際、ウナギにはビタミンAやビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれています。

夏バテ防止にはピッタリの食材いえるでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ぬる燗佐藤銀座店では

旬の食材から織りなす絶品料理と

季節とお料理に合わせた日本酒で

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13195789/